マンション 管理 会社

マンションを維持していくには、専門的な仕事も含め、数多くあります。そして、マンションを管理してくれる会社は、いくつもあります。実際どの会社を選べばいいのか迷う程です。会社それぞれに特徴があり、ニーズに合った会社を選ぶ事が大切になってきます。ある程度の規模のマンションであれば、きちんと管理会社に頼んだ方が無難です。規模が大きくなればなるほど、運営や管理には専門能力が必要になってきます。もちろん、マンションごとに管理組合があります。しかし本業を持っている事が多い為、いつもマンションの事を考えているわけにはいかないのです。マンションを維持する為の多くの仕事を副業のように行うだけでは、不足してしまいます。その為、管理会社に依頼することが大切になってくるのです。それでは、選び方を見ていきましょう。

マンションの管理会社の仕事内容について

では、マンションを管理していく上で管理会社が行なってくれる仕事内容を見ていきましょう。大きな仕事として、事務の仕事とそれ以外にわけられます。事務仕事を見ていきます。出納事務は、管理費や修繕積立金などのマンション管理組合の財政面を管理していく仕事です。会計事務はマンション管理組合の収支状況を把握し、予算案などの作成をする仕事になります。長期積立金の過不足が無いように計画を立てて長期維持させるための事務仕事もあります。ジム以外の仕事となりますと、日常的な管理になります。設備などの保守点検や損害補償契約、必要事項の住民への伝達、防火管理、管理費の徴収などがあります。更には総会や理事会の運営補助も行います。管理会社はプロとして、快適なマンション生活を維持してくれるのです。つまり、管理会社の仕事が多岐に渡っているのがわかりますね。

マンションの管理会社の選び方について

では、マンションをしっかりと管理してくれる会社を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。まず、どんな管理会社があるのかを調べましょう。大手と呼ばれる管理会社はいくつかあります。しかし、家電や車などと違い、大手と言っても知名度は高くはありません。それはマンション管理会社という職業が広く知れ渡っているわけではないからです。業界最大手である会社はやはり受託戸数は多いです。しかし、知名度や規模だけで選ぶ事は避けましょう。受託件数が多いからといって、必ずしもニーズに合っているわけではない事も考えられます。しっかりとした管理を行なえる人材がいるかどうかも、知っておく必要があります。マンションの管理の主体は、あくまでもマンションの管理組合です。管理会社はそのサポートをしてくれるにすぎません。ですから、きちんとした管理会社を選んで、快適なマンション生活を維持していきましょう。