マンション 管理 会社

マンションの経営と、そのマンションを管理してくれる会社は、切り離して考えることは不可能です。小規模なマンションであれば、管理会社は必要ないかもしれませんが、ある程度の規模のマンションにとっては、管理会社は大切なパートナーとなります。もちろん、管理会社に任せなくてもマンションの管理を行う事は可能です。個人で管理が出来るのであれば、管理会社に支払う委託料もありませんし、家賃、管理費なども独自に設定することができるのでメリットは存在します。しかし、マンション管理には、様々な重要な業務があるので、自分でやるとなるとかなり負担が大きいです。また、修繕や改修計画などは一つ間違えてしまうと資産価値をほとんど失くすことになりかねません。ここでは、管理会社の役割を知ってもらい、管理会社の選び方について紹介します。

マンションの経営に役立つ管理会社とは

マンションの管理会社とは、マンションに住んでいる人で組織される管理組合に依頼・委託されてマンションの管理を行う会社を指します。マンション経営は、様々な業務があります。小規模なマンションは必要ないかもしれませんが、ある程度大きなマンションはそう簡単にはいきません。防犯、掃除、事務などマンションにおける生活の重要な役割を多く担っています。マンションの管理会社にも種類があり、親会社に「建設会社を持っているデベロッパー系の管理会社や親会社を持たない独立系の管理会社などがあります。また、どの部分を委託するのかにも種類があります。管理会社に全ての管理を任せる全部委託方式と全てではなく一部を任せる一部委託方式があります。所持しているマンションによって管理会社や委託方式が変わってきますので、その管理会社がどんなことが出来るのかをしっかりと見極める必要があります。

マンション経営に関わる管理会社の上手な選び方

マンションを経営するにあたり、管理会社を選ぶポイントをいくつか紹介します。「すぐに連絡が取れる管理会社」「マンションを長期的に支えてくれるかどうか」「防犯面での対応はどうか」「ジム・資金面で信頼できるかどうか」などです。問題や緊急時にすぐ連絡が取れる管理会社でないと経営者も授人も困ります。いざという時に頼りになる管理会社でなければなりません。その管理会社の業務体系をしっかり確認することが大切です。マンションは、年々古くなっていきます。長く安心して暮らせるマンションにするためにサポート体制がしっかりしている管理会社を選ぶことが大切です。安心できる暮らしは授民にとってはとても重要です。大切なパートナーとなる管理会社ですので、1社だけで決めるのではなく、複数の会社を比較して判断をして下さい。自分のマンションに一番必要な事に力を入れている会社を探してみて下さい。