マンション 管理 会社

マンションは管理の状態によって資産価値が変わるといわれています。資産価値をできるだけ下げないためにも、きちんとした管理会社を選ぶ必要があります。マンションの入居時にはあまり気にしなかった管理会社も、年月の経過と共に点検や清掃において少しずつ不満が出てくることもあります。ではどんな管理会社が望ましいでしょうか。国内のマンション事情はデベロッパー系が多数を占めています。系列の管理会社にそのまま委託していることが多いです。デベロッパー系管理会社では規模が大きいこともあり、対応の遅さや細かな点まで行き届かないといった不満も徐々に出てくるようです。その点独立系の管理会社であれば居住者の立場に立った柔軟で迅速な対応をしてくれるのが魅力です。またコストも独立系のほうが割安です。

マンションの管理会社に何を求めますか

デベロッパー系の管理会社にもメリットがたくさんあります。何より多くのマンションを供給し管理してきた実績があるので、マンションに関するあらゆる事柄に対応してくれます。また、系列会社の施工なので、マンションの構造もしっかり理解していますので、リフォームや修繕の対応がスムーズです。また、24時間365日体制の遠隔管理や監視モニターが設置されているなど、トラブル時に専門会社への対応もスムーズに行ってもらえます。管理にかかるコストは独立系よりもデベロッパー系のほうが高く、修繕費などもかさみ住民から徴収するのが年々大変になってくるというのも実情です。管理組合や住民の意見で管理会社を変更するといった方向にあるのなら、まずはサービス内容の違いやそれぞれのメリットデメリットを比較してみましょう。

マンション管理会社は慎重に決めよう

マンションの管理費用はマンションごとに異なり、管理費用が負担になっているという声も少なくありません。今よりも管理費用を下げたいという思いで管理会社を変えるのもひとつの案です。なんとなく続けてきた管理会社でなく、住民の不満の声や改善してほしい点があれば、思い切って見るのもよいです。新たな管理会社になれば管理費用を下げられる利点はありますが、結果的に管理の質が落ちてしまうといった事案もあります。もしも不満や改善してほしい点があれば、まずは現状のままサービス内容を見直してみるのもよいです。管理会社を決める際には、営業マンの人柄で決めてしまったり、口コミだけで決めてしまったり、サービスを細かな点まで把握せずに決めてしまうようなことがないように気を付けたいものです。必ず数社を比較検討して決めましょう。